サブスク

どれだけ利用しても料金が変わらないのがサブスク

サブスク

 

 最近よく耳にしませんか?『 サブスク 』という言葉を。サブスクとは、サブスクリプションの通称です。

サブスクとは、サブスクリプション(subscription)の略で、語源としては、雑誌の予約講読や年間購読という意味からきている言葉です。ある商品やサービスを一定期間、一定額で利用できるような仕組みのことを指します。

 

 実は目新しいものではなく、定額制などとも呼ばれています。「料金を払うことで、製品やサービスを一定期間利用することができる」形式のビジネスモデルなのです。

 身近なところでは、音楽配信や動画配信、書籍や雑誌の配信サービス、ゲームアプリ、ビジネスアプリ、ウイルス対策アプリなど、サブスク型だという認識もなく利用しているものが多いのではないでしょうか。

サブスクと聞いてピンと来るのはやはり動画配信サービスなどですね。Amazonプライムや、U-NEXTなどがそうですね。
 動画配信サービスなどは、毎月決まった料金を支払えば、好きなジャンルの動画が見放題です。

 

DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト

 

 サブスクは高い頻度で特定のサービスを利用したり、商品を購入したりする人にとってはとても有利な仕組みです。

 昨今のコロナ禍の今、サブスクを利用する人が増えています。ネットとの相性がいいのもメリットですね。

実は私も、服のサブスクを利用しています。洋服はかさばるので便利です。

 最近では、サブスクもいろいろと種類が増えています。モノのサブスクも多く出ています。例えば、車のサブスクなら、必要な時だけ乗りたい車に乗れるので経費が抑えることができます。また、衣類などは保管する場所を確保することなく利用できます。

サブスク 唯一のデメリット 【毎月お金がかかる】

サブスクのデメリット

 

 当たり前ですが、サブスクを利用するということは毎月費用がかかります。

 あなた自身が、自分で解約をしない限り自動的に支払わないといけないです。月額の負担がいくら少額でも、本当に利用したい商品やサービスなのかを冷静に判断すべきなのです。家計運営面からみても、家計を改善するためには毎月必ずかかるような固定費をできる限り少なくすることが重要になります。

 要は自己管理なのです。

サブスクは便利な反面、キチンと管理しないと結局無駄なものになります。

サブスクのあるジャンルを紹介

 サブスク

 サブスクのジャンルは本当にいろいろあります。(※ 随時更新します。)

1飲食のサブスク

 店舗で利用できるものとか、オンラインで発送するタイプなどがあります。

 

 

GALLEIDO SMART FOOD

 

【every frecious(エブリィフレシャス)】

 

2乗り物のサブスク

 車やバイクを購入することなく利用できます。また自由に乗り換えができます。

 

 

月2万で新車ヴェルファイアなど高級ミニバンに乗れる!
リースナブル

 

 

パイオニア「ドライブレコーダー+」

 

3インテリアのサブスク

 家具、家電、花、観葉植物、アート、お香、アロマなどをレンタルできるものです。

 

 

気軽に始める花の定期便と贈答用胡蝶蘭なら【LIFULL FLOWER】

 

HitoHana お花の定期便

 

気になる商品が試し放題!COLORIA 香りの定期便

 

家具・インテリアのレンタルサービス【airRoom(エアールーム)】

 

 

家具家電のサブスクリプションサービス「CLAS」

 

4生活系のサブスク

 コンタクトレンズが毎日使えるサブスクは、365日コンタクトが快適に使えるので便利ですね。あとは子供のおもちゃなどをレンタルというものもあります。

 

 エースコンタクトの公式サイト

保育士等のプロが選定!知育玩具のサブスクならCha Cha Cha☆今なら初月0円で始められる!

 

業界最安値!30日間、490円でスマホをレンタルできる!

 

5美容のサブスク

 美容室使い放題とか、コスメを毎月お届けするサービスです。毎日自分の好きなネイルが注文できるなどがあります。

 

美容ローラー本体無料のサブスク

初回980円でお得にお買い物

 

専用美顔器 無料貸出!株式会社ワムのホームエステセット

 

6ファッションのサブスク

 新品の洋服、プロのスタイリストが監修、コーディネートした服などが借り放題。ブランドバックを借り放題、時計を借り放題、ワンピースやジャケットなど特定のアイテム専用レンタルなどがここに当てはまります。

 

 

プロがスタイリングしたコーディネートをご自宅にお届け!DROBE(ドローブ)

 

ブランド腕時計レンタルサービス

 

まだまだ、あります。これからも新しいサブスクを随時公開していきます。

 

おすすめの記事